日本の未来に絶望したサラリーマンが経済的自由を目指す

たばこ株投資で経済的自由

日本企業について

日本企業における人事評価

投稿日:

日本の伝統的大企業の人事制度はいわゆる年功序列と終身雇用というとことです。給料は年齢とともに徐々に上がるという制度です。これは別に日本の文化から自然に生まれたというものではなく、戦前には無かった制度といわれています。

さらに正確に述べると、新卒一括採用、年功序列、企業内組合、解雇の困難さ、終身雇用というのが現在の日本の大企業の人事制度の特徴ですね。

正社員は一度なってしまうと解雇が非常に困難です。これは判例により形作られている日本のルールです。つまり、どんなに仕事ができない人でも、犯罪でもしないかぎり解雇することができません。

逆に言うと、どれだけ成果を上げようが、年を取らなければ偉くなれないですし、給料が上がりません。もちろん頑張りにより若干の昇進の差はありますが、本当に若干です。

 

・・・こんな条件で、諸外国との競争に勝つほどの会社ができると思うでしょうか?どう考えても社会主義ですよね。

当然ながら、人間はお金のためだけでなく、仕事が面白ければ一生懸命働きます。各個人に各人が好きな仕事を割り振れば、生産性が上がるのはその通りかと思います。しかし、日本のサラリーマンはゼネラリストとして育成されるため、必ずしも自分が好きな仕事が回ってくるとは限りません。「おかれた場所で咲きなさい」とかなんとか言われて、明らかに自分に合わない仕事をさせられます。

このように日本では、まず雇ってから仕事を割り振りますが、欧米では仕事がまずあって、そこに人を募集するというスタイルです。なので新卒一括採用などありませんし、ポジションに空きがあり次第人を募集するということになります。当然応募する方も自分がやりたい、もしくは適正があると思うからこそ応募するので、極端なミスマッチは発生しないということになります。当然成果が出たら会社と給料UPの交渉をしますし、成果を土産に他社のより良いポジションに転職ということも可能です。もちろん、その仕事が不要ということになれば解雇はありますが…。次の仕事のためにも、解雇を避けるためにも、一生懸命頑張るというインセンティブが労働者に発生するということになります。

翻って日本では、頑張っても頑張らなくても給料はほぼ一緒で、自分には合わない仕事・職場に転勤させられるかもしれない、失敗したら昇進がおくれる、こんな条件なら、「じゃあ失敗しない程度にほどほどでやろう」という人が続出するはずです。自社他社含めですが、みんな表に出さないだけでそういう人は相当数多いですね。特に30代~40代で、年功序列で「別にこれくらいの給料ならもう生活に困らないや」という給与水準になれば手を抜き出す人が出てきますね。

というわけで、頑張ったら負けという人事制度で、どうやって日本企業が外国企業と勝負するんだということですね。正直、勝てません。私も外国と関わる部署にいるのですが、相手はみんなこの道20年以上のベテラン、一方こちらは去年転勤してきた素人だらけ(全員、自社の制度は世界一詳しいけど)・・・という図式が多いですね。知識が違うので全然勝負になりません。

というわけで人事制度も日本の大企業が凋落していく要因の一つだと思います。このような泥船に巻き込まれないためにも会社以外の収入の確保、そして経済的自由を目指すことが今のサラリーマンには必要なんだと思います。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

日本経済は衰退すると確信しているアラサーサラリーマン。 たばこ株への投資で経済的自由を目指す。

-日本企業について

Copyright© たばこ株投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.