日本経済について

外国人就労の受入拡大:ただしそのうち日本に来てくれなくなるかも

投稿日:

昨日の記事で、NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」という番組を見て、人口減社会は悲惨だという記事を書きました。

タイムリーなことに、Yahooの記事にて、外国人就労の受入拡大という記事がありました。

 

現状、外国人の就労は「技術習得」という建前のもと行われていますが、事実上は日本における人手不足の分野で「労働力」として受け入れるという状況になっています。やっと現実を追認する形で規制の在り方が変わることになります。

ただ、日本で就労している外国人の多くは、日本という異国で言葉もわからない孤独な環境の人が多く、それに付け込み低賃金・ブラック労働を強いられているものと思われます。私は外国出張などで各国の事情を見聞きするのですが、やはり移民が「3K」の仕事を行うことは多いですね。顧客との密なコミュニケーション、創造性が不要で、誰もやりたがらない低賃金の仕事を、出稼ぎの外国人労働者が行うということです。

適当な仕事でもそんなにガミガミ言われない外国とは異なり、日本で求められるサービスの質は非常に高いです。外国の飲食店なんてよほどの高級店でないと不愛想にガツン!と食器を置くだけなのに、日本だと「いらしゃいませ」からはじまり丁寧な接客を受けることができます。

客としては日本のほうが良いのですが、労働者の視点からみると、同じ賃金なら、楽で気を使わなくて良い職場のほうがいいですね。つまり、何が言いたいかというと、もはや経済力が弱くなった日本、やたらと丁寧な仕事を求められる日本、緩和されたとはいえまだまだ就労のための制度が複雑な日本、そして外国人にとり極めて難解で日本国外ではほとんど話されていない日本語を話す必要がある日本・・・・ここに来てくれる外国人はいるのか?ということです。同じ出稼ぎをするなら、英語でOKで、経済力が強い方に行くのが自然ですね。

さらに今はSNSで詳細な情報がすぐに共有される時代です。日本人の高い職業倫理はそれ自体大切なものと思いますが、私からみても明らかにバカ丁寧すぎると感じることは多々あります。(たとえば稟議書のハンコは上司に向かって礼をするように押すとか・・・さすがに私の勤め先はないですが、こんなマナーもあるそうですね・・)普通に考えてビジネスにとって無意味な作業を、異国人に押し付けたらそれはSNSを通じてディスられてしまうというものです。というか、私は東南アジアにも知り合いがいるのですが、日本は客として行くのはいいが、働くのは地獄」と言っていました・・。

さてまとまらない記事になりましたが、好きか嫌いかは別にして、人手不足の日本には外国人労働者が不可欠です。もはや日本は労働者から選ばれる国ではなくなりつつあるので、ブラックな扱いをすると逃げられると思います。ただ、我々日本人も少子高齢化というブラックな国の国民であり、逃げようにも逃げられないという現実があるのですが・・・・。

日本脱出も可能なように、経済的自由を得たいと思いますね・・・。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-日本経済について

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.