たばこ株分析

フィリップモリス(PM)幹部の自社株売り:CEOは10億円弱売却

投稿日:2018年5月27日 更新日:

フィリップモリス株は十分安いと思って購入しましたが、気になることがあるにはあります。

それはフィリップモリスの幹部が自社株を売りまくっているということです。

2016年4月からの同社幹部の自社株の売買状況を調べてみると・・・・

2016年4月25日 Louis Camilleri Chairman sold $3,232,356 (33340株@$96.95)

2016年4月26日 Marc Firestone Sr.VP & General Counsel sold $1,747,127 (18,000株@$97.06)

2016年11月17日 Patrick Brunel Sr.VP&Chief Info Officer purchased  $88,210 (1000株@$88.21)

2017年2月15日 Andre Calantzopoulos CEO sold $3,592,750 (35000株@$102.65)

2017年2月15日 Marc Firestone Sr.VP & General Counsel sold $1,752,682 (17088株@$102.57)

2017年2月17日 Louis Camilleri Chairman sold $6,199,000(60000株@$103.33)

2017年10月24日 Louis Camilleri Chairman sold $11,811,144(108979株@$108.38)

2018年2月21日 Marc Firestone Sr.VP & General Counsel sold $1,428,145 (13650株@$104.63)

2018年2月21日 Andre Calantzopoulos CEO sold $5,079,340 (49000株@$103.66)

 

と、いうわけで赤字のBrunel氏以外は全員売りまくっていますww

CEOなんてこの2年で850万ドルくらい売っていますね。フィリップモリス社幹部は10億円くらいの財産は軽くあるんですね~。外資系企業なら必死で働いて偉くなるのもいいかもしれませんね。

経営幹部が株を売っているというのは、明確に「買ってはいけない株」の特徴の一つです。自社の将来に未来が無いと思うから、株を売るのであって、もし将来もどんどん成長するんだ!と思っているのなら、株を売ることはありません。

唯一救いなのが、88ドルで買っている人もいるので、90ドル以下なら買いと判断してもいいのかな?ということです。

私の解釈は、経営幹部が引退を見越して株を売っただけ・・・というものですが、果たしてどうなんでしょうね。そうじゃないと困るのですが(笑)







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-たばこ株分析

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.