投資の考え方

安心して暮らすには1.43億円の資産が必要?

投稿日:2018年5月28日 更新日:

ブルームバーグに「米国で『金持ち』であるためには2.65億円の資産が必要」との記事がありました。

アメリカの証券会社であるチャールズシュワブが米国民向けに行った調査で、今日の米国で安心してくらすには140万ドル必要で、「リッチ」であるには240万ドル必要ということです。

「リッチであること」とは、ストレスフリーであること、欲しいものを買えること、などと感じているようです。

世代によって必要なお金が違います。若ければ若いほど、必要だと思うお金額は変わってきますね。

私は一応Millennialsに区分される年齢です。職場でも、年上の人より私の同世代以下の人のほうが、物欲が少ないですね。最近の若者は物欲がないと言われていますが、アメリカでも若ければ若いほど、物欲が少ないのかなと思います。

私の場合は、経済的自由を目指してたばこ株投資をしているわけですが、そういえば何をもって経済的自由なのか、という定義づけがまだできていない状態です。まあ別に「金持ち」になりたいわけでなく、つつましいながらも、サラリーマンをやめたとしても安心して暮らしていける額を株式投資で実現できたらと思っています。

アメリカのミレニアル世代が「安心してくらせるお金」として、130万ドルと認識しているようです。私もそれくらいを目標しつつ、たばこ株投資を続けようかなと思います。現在の為替が1ドル=110円なので、およそ1.43億円ですね。

今の資産は現金と合わせて3000万円です。エクセルでパパッと計算しましたが、毎年200万円をボーナスから投資するとして、毎年リターンが8%あれば14~15年後には1億4000万円になります。配当金+株価の上昇で8%というのは、過去のたばこ株の成績を鑑みると、そう不可能ではないのかなと思います。

ゆっくり確実に、運用してればとおもいますね。将来はたばこ株からの配当金だけで生活できるようになればいいなと夢見つつ、サラリーマンを頑張ろうと思います!!

 







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-投資の考え方

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.