日本の未来に絶望したサラリーマンが経済的自由を目指す

たばこ株投資で経済的自由

売買記録

2018年6月6日フィリップモリス約300万円買い増し

投稿日:

フィリップモリス株がさらに下落していたので、300株、約300万円を買い増しました。

これでおよそ2900万円をBTI, PM,MOそして30万円がJT,のこり現金が60万円となります。

下記が米国株保有分です。

 

さてさて、資産3000万円をほぼ全部たばこ株に突っ込みました。まだまだ、たばこ株は下がるかもしません。米国の金利上昇・イタリアの政情不安、様々な逆風があると思います。さらに先進国ではたばこの消費自体が減っていきます。ESG投資によりたばこ銘柄からは資金が引き上げられます。

こんな中でなぜたばこ株に集中投資したのか?

それは、たばこというビジネスモデルが「新規参入が無い」「投資キャッシュフローが極小」「顧客は製品に依存性を持つ」というビジネスとしては最高の特徴を備えるからです。たばこ会社は株主還元に非常に積極的です。

そして今後は「新興国の所得&人口増」が確実視されています。そうなると、たばこ需要自体は間違いなく伸びるものと思います。新興国というのは先進国よりも規制が厳しくありません。さらに低所得者からは税金を取れませんが、唯一スムーズに税金を取れるのが「たばこ」ということになります。

今後たばこ会社はほぼ確実に成長するものと思います(さすがに緩やかな成長でしょうけど)。そんな銘柄を配当利率5%超で約3000万円分取得できました。これで税引き後約120万円の配当を得る計算になります。月10万円の不労所得を確保しました。

我が家の「共働き」というアドバンテージをフルに生かし、今後も給与収入からガンガンたばこ株に投入していきたいと思います。

  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

日本経済は衰退すると確信しているアラサーサラリーマン。 たばこ株への投資で経済的自由を目指す。

-売買記録

Copyright© たばこ株投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.