売買記録

2018年7月19日フィリップモリス(PM)約65万円買い増し

投稿日:

昨日発表された2018年第2四半期の決算を受けて、フィリップモリスの株価が5%以上下がりました。私は2Qの数値だけを見て「あれこれ好決算だ」と思ったのですが、2018年の利益ガイダンスの引き下げ、日本におけるアイコスのマーケットシェア低下などで株価は大きく下がりました。

他の方のブログなどを見ると勉強になります。これまで日本の中小株投資では投資ブログで勉強していましたが、アメリカ株でも投資ブログがたくさんあるので大変参考になります。いかに自分は「たばこ事業は今後もバラ色伸」という色眼鏡でこの決算を眺めていたのか、改めて痛感しました。投資するからにはバイアスを排除して、決算を確認しないといけないです。でも今後も色眼鏡で眺めると思いますが、、、人間なので仕方ないですね。

さて、フィリップモリスの事業ですが、中東・アフリカ・南アジア・東南アジアというこれから人口と経済が伸びる地域における、たばこの販売数は伸びています。さらに、たばこ事業の売上が世界的に壊滅するという最悪の事態になっても配当金も入るので「10年投資したら最悪トントンになる」でしょ、ということで株価が下がったタイミングに買い増ししました。

もう追加投入する現金がないので65万円分の買い付けとなりました。

あとは給料とボーナスをコツコツ貯めて、資金を作りたいと思います。あとは、投資しているたばこ株から年間120万円以上の配当金が来るので、これも投資の原資となります。

現在のNYSE上場のたばこ株の投資状況は下記の通りとなります。

昨日の取引開始で、「あーたばこ株全部暴落だー」と思いましたが、朝起きたらなんとブリティッシュアメリカンタバコなんか前日比プラスになっていてビックリしました。更にフィリップモリスも80ドルを回復していて、私の平均取得額の79.27ドルを上回っていました。

円安が続いているのもありますが、結局円ベースでは218,013円のプラスとなっていてビックリしました。

 

さらに2018年7月11日と12日にアルトリアグループとフィリップモリスから配当金が入金されました。下記がその記録です。

合計で1309.21ドル、ドル円が112円とすると、日本円で146,632円の入金となりました。この配当金は、今回のフィリップモリス株購入(16株)に使用しました。

四半期に1回、アルトリアグループとフィリップモリスからこのペースで入金されると、年間58万6500円が入金されます。さらにアルトリアグループからの配当金は米国でも課税されているので確定申告で取り返せばもう少し増えます。

ブリティッシュアメリカンタバコには、フィリップモリスとアルトリアグループを合計したよりも多くを投資していますので、配当金の受け取りが楽しみです。フィリップモリス・ブリティッシュアメリカンタバコ・アルトリアからもらえる配当金は合計すると月10万円を超えています。

やはり高配当株であるたばこ株への投資は安心感がありますね。今後もコツコツ続けていきたいと思います。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-売買記録

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.