運用実績

2018年7月末たばこ株集中投資状況

投稿日:

2018年7月末のたばこ株への集中投資状況についてアップします。

まずは7月末の現金+日本株(JT)です。

現金が70万円くらい、そして100株しかないですがJTが31万円くらいとなっています。

そして7月末のブリティッシュアメリカンタバコ(BTI),フィリップモリス(PM),アルトリア(MO)の株式投資状況です。

日本円ベースだと3400万円程度で評価益が247万円でした。

たばこ株と現金を全部合計すると34,991,921円となりました。

たばこ株+現金の残高ですが、5月末が30,800,565円、6月末が30,788,712円でしたので、この1か月で400万円も増えています。

いつの間にかたばこ株の投資がプラスになっています。今後の株価の動きは全く分かりませんが・・・キャピタルゲインで年率7%、そして配当金利回り(手取り)4%、足して11%の年間収益を得ることができたら、7年で運用資金が2倍になります。さらに嫌々ながらまだサラリーマンをしているので、給料やボーナスをつぎ込めば、さらに資産の積上げスピードは上がりそうです。

さらに7月はフィリップモリスとアルトリアから配当金として手取り1309ドル、14万6千円を受け取り、全部フィリップモリス株購入に使いました。美味しいものでも食べに行けばいいかな~と思ったのですが、ドルから円転するのが面倒くさかったので、そのままたばこ株への追加投資に回しました。

今後も給料およびボーナスのたばこ株への投資、そして配当金をたばこ株に再投資して、コツコツと資産を積み上げていきたいと思います。

過去日本の中小株に投資していたのですが、それに比べるとたばこ株では、株価の上げ下げが極めて緩やかです。たばこ事業は若干縮小しつつも安定したビジネスなので、精神的にも落ち着いて投資を続けられます。先進国ではたばこ消費量は目に見えて減っています。しかし、個人的にはアジア・アフリカなどの新興国で人口・経済が伸びれば、世界的にたばこ事業は成長するのではないか・・・と思っています。

どうなるかは分かりませんが、今後20年くらいはいまのペースで株主に配当金を支払ってくれるものと思っています。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-運用実績

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.