石油株分析

米国エネルギー株の投資ターゲット

投稿日:

二回の3連休でアメリカのエネルギー株の投資先を見て回っていました。

原油価格が上がり基調なので、石油株がいいかなと思っています。エクソンモービルやシェルといったメジャーに投資すればいいのですが、私は元々日本の中小型株の投資をしていたこともあり、メジャーよりも小規模な石油会社への投資&値上がり益を狙ってみようかなあと思いました。安定した配当はたばこ株で得られるので、エネルギー株には値上がり益を狙ってみてもいいかな~と考えています。先日OPEC+ロシアが、石油増産をしない、という決定をしたので今後の石油価格上昇が見込まれます。石油価格上昇により恩恵を得られる、「(ガスと比較して)石油埋蔵量の割合が高いアメリカのエネルギー会社」の株を狙うべく、様々な会社のプレゼン資料等を見て回りました。記事の一番下にリストを掲載しています。

エネルギー株への投資なら米国企業が有利か

米国は地政学的に非常に有利な国で、資本が蓄積しやすいという特徴があります。さらにアメリカは内需の国で、GDPに占める貿易の割合が少なく、今後繰り広げられるであろう貿易戦争へのダメージが小さいものと思われます。従来は大量の石油を輸入してきましたが、シェールオイル・シェールガスの開発が進んでおり、石油輸入量はどんどん減り、いまやガス輸出国となっています。

アメリカは地大物博の国、貿易などせずとも豊かさを維持できる国ということです。今後アメリカは徐々に人口が増え、エネルギー需要も増えると見込まれています。以前にアメリカの地政学的な強さについて記事にしましたので紹介します。

地政学的にアメリカは最強:アメリカは自由貿易を必要としない

アメリカで石油・ガスを算出する企業の多くはシェールオイル・シェールガスを採掘しています。シェール層からの生産はこの10年で急速に発展しています。過去に紹介したピーター・ゼイハンの最新の地政学の本である"Absent Super Power"(日本語訳はまだですが)に、アメリカでなぜシェール開発が進んだかが記載してあります。まとめると下記の通りです。

  • アメリカは過去から「個人が独立してビジネスを行う」という起業家精神が旺盛です。寄らば大樹の陰で政府に頼るのでなく、独立独歩で事業を行うことが良しとされている風土があります。(日本は大手企業に勤めていたらとりあえずOKという社会風土があると思いますが…)優秀な人材が一企業に集中せず、いろんな小規模石油会社に分散されており、各々、様々な技術でシェールオイル・シェールガスを増産させるためにトライ&エラーを繰り返し、ノウハウが溜まって業界全体の生産性が増しています。また、生産コストも削減できています。
  • 熟練労働者の層が非常に厚く、シェール層からの石油・ガスを生産するために労働者自身が日々技術を磨いています。経営者・熟練労働者両方が、シェール層からの低コスト生産を実現するために努力しています。他国よりもアメリカのほうが経営者から現場まで、生産性の向上の意識が高いようです。つまりアメリカはイノベーションの国ということで、他国が真似できない特徴があります。
  • 過去アメリカでは石油ガス生産がさかんであり、その時に建設したパイプライン網が全米津々浦々にいきわたっています。一からインフラを整備しなくても、シェール層を掘り当てるだけでOKです。砂漠のど真ん中や、極寒の地で大規模で非常にコストがかかるインフラを作らなくても、アメリカの場合は油田・ガス田を発見したら近くのパイプラインにつなげば生産できるので、生産にかかるコストは少なく済みます
  • 石油・ガス生産の売上/利益うち、一部は土地所有者のがもらうことになります。他の国だと石油・ガス生産に伴う売上/利益はすべて政府が税金として受領しますが、唯一アメリカだけ「油田・ガス田の上にある地上の民間土地所有者」が石油ガス生産のおこぼれの一部を貰うことができます。他国だと「私の家の近くでガスなんか生産するな!」と反対運動が起こるところ、アメリカでは石油・ガスの生産によりお金がもらえるので反対運動が起きにくいという性質があります。

以上のように、多数の熟練労働者の存在・インフラ・土地所有制度などにより、石油会社にとってアメリカというのはフォローの風が吹いている地であるといえます。

シェールオイル・シェールガスのコストは?

問題はシェールオイルやシェールガスを低コストで生産できるかどうかです。2014年の石油価格下落の際、世界最大の産油国であるサウジアラビアは減産しませんでした。これはわざと石油価格を下げて、アメリカのシェール産業を破産に追い込んで皆殺しにした後、再びサウジアラビアはじめOPEC各国の石油生産シェアを取り戻そうという意図があったからです。

ところがサウジアラビアの思惑と異なり、アメリカのシェール産業は生産性向上を推し進め、今生き残っている会社の場合、石油価格が1バレル50ドル程度でも利益が出るようになっているようです。(ピーターゼイハンの本にそう書いてあっただけで、真偽のほどは不明ですが)

石油生産のために掘る井戸についても、垂直に掘るだけでなく、途中で曲げて水平にしたり、一度掘った井戸の途中から分岐して枝のようにあちこちに掘り進めたりするなど、コスト低減につながる技術革新が進んでいるようです。さすがイノベーションの国です。

現在の石油価格(WTI)は70ドルを超えているので、アメリカの石油企業の多くは利益が上がる水準で操業できているものと思われます。

米国エネルギー株のうち、石油生産メインの会社と、ガス生産メインの会社、どちらが有望?

結論としては、「石油生産がメインの会社」の方が投資先として有望だと思っています。

井戸を掘って生産するまでは石油もガスも同じですが、それを輸送してマーケットに売る場合に両者は異なってきます。石油は液体であり輸送が簡単です。輸送が簡単なことから、世界の石油市場はおおむね統合されており、世界の市場価格で石油を販売することができます。

一方ガスは気体であり持ち運びが大変です。パイプラインを作って運ぶか、ガスを冷やしてLNGにして船で世界に売に行く必要があります。LNGにするにはコストがかかります。ガスは輸送コストのせいで、世界的な統一市場というのが出来てません。アメリカ・ヨーロッパ・日本ではガスの価格が違うようですが、それはガスが取り扱いにくく輸送コストがかかるのが原因です。

ではアメリカのガス価格の将来はどうなるかというと、世界銀行の将来予測によると下記のように、日本、ヨーロッパよりも低い価格で推移すると予想されています。

石油は世界価格で販売できますが、ガスはアメリカ国内の低い価格でしか売れません。アメリカでシェールガスが止めどなく生産されると、ガス価格に上昇圧力がかかりにくい、ということになります。一方で石油はアフリカなど世界需要の増加に影響をうけて価格が上がる可能性があります。それこそサウジとイランが戦争でも始めたら石油価格は跳ね上がります。一方アメリカのガス価格にはそこまで影響を与えません。

そうなると、投資すべき石油会社は「石油生産がメインの会社」であるといえます。アメリカで溢れているガスは高値で売れる可能性が低いです。「ガス生産がメインの会社」は投資先としての魅力が少ないのではないか、と思います。石油価格上昇で恩恵を受けやすい「石油生産がメイン」の米国エネルギー株をパパッとスクリーニングしてみました。(間違っている可能性もありますが…)

米国エネルギー株 投資先候補リスト

リスト化したので、PC画面でご覧になったほうがいいかもしれません。

  • 日本のマネックス、もしくはSBIで投資できる会社を選びました。Monex、SBIの縦列に○がついている会社は、その会社から投資できるという意味です。
  • ティッカーシンボルと、会社名、そしてマネックスもしくはSBIに記載のあった銘柄の説明を記載しています。市場は上場している場所を示しています(ほとんどがNYSE)
  • 最も重要なのが「石油・ガスの比重」です。「ガスが多い」というのは、その企業の埋蔵量に占めるガスの割合が高く(70%以上)、「石油が多い」は埋蔵量に占める石油の割合が高い(70%)という意味です。「バランス」はどちらでもないという意味で、石油・ガスどちらかに偏っているわけではない、ということです。(石油の埋蔵量が多い=石油生産がメインであると想定しています)
  • 配当利率は、私はグーグルファイナンスで拾った2018年9月24日取引前の数値です。空白のところは配当を出していません(少なくともグーグルファイナンスでは表示されていません)

以下のリストのうち、「石油の比率が高い」エネルギー株を投資の対象にしようかな、と考えています。石油価格上昇の恩恵に預かれるものと思います。一方で、倒産しないかどうか、個々の企業を詳しく調べる必要があります。今後記事にしていきたいと思います。

コノコフィリップスなど、メジャー級の大規模会社も含まれていますが、アメリカメインの中小規模エネルギー株を集めています。

ティッカー 会社名 説明 市場 石油・ガスの比重 配当利率 Monex SBI
AR Antero Resources Corp ウェスト・バージニア州等に位置する天然ガス・天然ガス液・石油プロパティの利用・開発・取得 NYSE ガスが多い
OG Cabot Oil & Gas Corp 石油・ ガス会社 NYSE ガスが多い 2.01%
CRK Comstock Resources Inc 石油・天然ガス開発に携わる NYSE ガスが多い
EQT EQT Corp 天然ガスの探査や生産を行う NYSE ガスが多い 0.25%
GPOR Gulfport Energy Corp 石油・天然ガスの探査生産 NASDAQ ガスが多い
SWN Southwestern Energy Co 天然ガスおよび原油の探査、開発、生産に従事する米国のエネルギー会社 NYSE ガスが多い
CNQ Canadian Natural Resources カナダ拠点の上級独立エネルギー会社 NYSE 石油が多い 3.20%
CPE Callon Petroleum Co 石油と天然ガス会社 NYSE 石油が多い
CRZO Carrizo Oil & Gas Inc エネルギー企業 NASDAQ 石油が多い
EGN Energen Corp 米国大陸で石油、天然ガス、液化天然ガスの開発、取得、探査および生産を手掛ける。 NYSE 石油が多い
FANG Diamondback Energy Inc 独立系石油・天然ガス会社 NASDAQ 石油が多い 0.39%
HES Hess Corp 世界的な総合エネルギー会社 NYSE 石油が多い 1.42%
HK Halcon Resources Corp 独立系エネルギー企業。 NYSE 石油が多い
LPI Laredo Petroleum Inc 天然ガスの探査、開発および取得に注力 NYSE 石油が多い
MRO Marathon Oil Corp 北米、アフリカ、欧州を主要市場に展開する総合エネルギー企業 NYSE 石油が多い 0.91%
OAS Oasis Petroleum Inc 非在来型石油・天然ガス資源の開発・取得 NYSE 石油が多い
OXY Occidental Petroleum Corp 石油・ガス、化学・川中事業その他営む多国籍企業 NYSE 石油が多い 3.92%
PE Parsley Energy Inc-Class A 北アメリカで原油天然ガスの探査・採掘などに従事 NY 石油が多い
SU Suncor Energy Inc 総合エネルギー会社 NYSE 石油が多い 2.85%
WLL Whiting Petroleum Corp 独立系エネルギー会社 NYSE 石油が多い
APA Apache Corp 天然ガス、原油、液化天然ガスの探査、開発、生産 NYSE バランス 2.18%
APC Anadarko Petroleum Corp 石油・ガスの探査・生産、中流事業、マーケティングの3つの事業 NYSE バランス 1.55%
CHK Chesapeake Energy Corp 天然ガス・石油の探査・生産会社 NYSE バランス
CLR Continental Resources Inc/Ok 原油・天然ガス探査・生産会社 NYSE バランス
COP ConocoPhillips 世界中で天然ガス・原油の探査・開発、生産、販売を行う NYSE バランス 1.49%
CXO Concho Resources Inc 独立系石油・天然ガス会社 NYSE バランス
DVN Devon Energy Corporation 独立系エネルギー企業 NYSE バランス 0.79%
ECA Encana カナダの石油ガス会社 NYSE バランス 0.47%
EOG EOG Resources Inc 主に米国、カナダ、トリニダードトバコ、英国などで天然ガスや原油の探査、開発、生産および販売を行う NYSE バランス 0.74%
MTDR Matador Resources Co 石油・天然ガス資源の探査、開発、生産及び買収 NYSE バランス
MUR Murphy Oil Corp 石油、ガスの探査、採掘、生産、販売 NYSE バランス 3.11%
NE Noble Corp Plc イギリスに本籍を持つ石油や天然ガスの採掘会社 NYSE バランス
NFX Newfield Exploration 石油、ガスの探査、採掘、生産、販売 NYSE バランス
PDCE PDC Energy Inc 天然ガス、液体天然ガス(NGL)及び原油の取得・開発・探査・生産 NASDAQ バランス
PXD Pioneer Natural Resources Co 独立系の石油・ガス探査・生産会社で、米国で事業を営む。 NYSE バランス 0.19%
QEP QEP Resources Inc ガス・石油探査生産、中流分野サービス NYSE バランス
RRC Range Resources 独立系石油・ガス会社 NYSE バランス 0.46%
SM SM Energy Co 石油、ガス、天然ガスの採取、探査、開発、生産事業 NYSE バランス 0.32%
SN Sanchez Energy Corp 独立した探査・生産会社 NYSE バランス
WPX WPX Energy Inc 独立系天然ガス・原油生産開発企業 NYSE バランス
XEC Cimarex Energy Co 内陸部とバーミアン盆地という2つの主要地域で原油・ガスの採掘および生産を行う NYSE バランス 0.78%
XOG Extraction Oil & Gas Inc エクストラクション・オイル・アンド・ガスは独立系石油&ガス企業。 NASDAQ バランス

 







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-石油株分析

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.