売買記録

ホワイティングペトロリアム(WLL)を購入(2018年10月1日)

投稿日:

前回の記事に記載した通り、アメリカでシェールオイルとシェールガスを生産するホワイティングペトロリアムを約40万円分購入しました。

給料がある程度たまったので、これからコツコツ買い付けようと思います。

今後はこの会社も含め、アメリカのシェール企業への投資を進めてみようかなと思っています。ホワイティングペトロリアムはシェールに特化している企業の中でも規模が大きい会社です。これよりも小さな規模の会社にも触手を伸ばして見ようと思います。

今でこそ配当株として、たばこ株に米ドル投資の大部分を振り向けていますが、私が好きなのは「小型株」です。小型株がどかーんと上昇するのを見てみたいという衝動があります(笑)

たばこ株からの多額の配当金で米ドル資産から月間11万円くらいを確保できたのは精神的に大きいです。この配当金を精神安定剤として、今後はアメリカの中小株へも挑戦しようと思います。

とりあえず、ビジネスモデルが単純なエネルギー株が良いかなあと思っています。石油企業というのはいかに安く掘って生産するかが勝負で、マーケティング力はあんまり関係ない、とエクソンモービルについての本「石油の帝国」に書いてありました。であれば、生産の効率化が進んでいる(と言われる)アメリカのシェール企業に投資すればいいやと考えました。ITなどはサービスがコロコロ変わって良くわからないですし・・・・。

よく考えたら、2018年5月に米国株投資を開始したときに、たばこ株集中じゃなくて全部このホワイティングペトロリアムに集中投資すれば、今頃株価は2倍、米ドル資産は6000万円くらいになってたのに~、とかなり若干、後悔していますが(笑)、さすがに危険すぎるので今のような感じでいいのかなと思います。

この結果としてアメリカ株に5銘柄、ほとんどたばこ株(BTI, PM, MO)であとはエネルギー株(KM, WLL)という状況です。WLLは時価総額49億ドル(5500億円くらい)と、5銘柄の中では断トツで小さな会社です。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-売買記録

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.