売買記録

2018年7月10日ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)約60万円買い増し

投稿日:

現金余力があったのブリティッシュアメリカンタバコを100株、約60万円買い増しました。現時点で現金を含め約3250万円の投資状況となっています。

昨日は指値で発注したあと寝ました。起きたら約定していました。

ということで、現状のたばこ株投資状況は以下の通りになります。

すべて円ベースですが、まずは米国株(ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI),フィリップモリス(PM)、アルトリア(MO))の合計が31,468,072円となっています。

JT株を100株持っており、現在は300,300円です。

現金ですが、739,296円あります。6月後半にボーナスが入りましたので株口座に移し替えました。

 

まとめますと下記の通りになります。

前回集計した6月30日時点では円ベースでの収益はマイナスでしたが、いつの間にかプラスになっています。

もしかしたらたばこ株の最近の下落も底をうったのかもしれません。ただ今後どうなるかは分かりませんね。

投資家の気持ちとしては、今後保有株が上がり続けてほしいと思うのが自然な感情です。ただ、私はたばこ株がもっと下がらないかな~と思っています。というのも、買い付け金額が同じなら、株価が低い方が多くの株を購入できるからです。

今後先進国では喫煙者数は減ると思いますが、新興国を中心に人口が増えるため、全世界の喫煙者数は横這いもしくは上昇するかもしれません。さらに、以前の記事に記載した通り、新興国のGDPが上がる、つまり人々の購買力が上がる場合は、たばこを値上げしても売上量を維持することができると考えられます。よって、10年のスパンで見たらたばこ株は現時点の株価を維持もしくは更に今後上がる可能性が高いのかなと思います。

高配当株ということで今後の配当金も楽しみです。手に入れた配当金はすべて再投資に回したいと思います。現在は配当利率5%以上、税引き後でも4%以上ということで、3000万円を超えて投資しているため、配当金だけで年間120万円以上、月10万円以上の配当金を得ることができます。配当金支払額が削減されたらこの限りではありませんが、ブリティッシュアメリカンタバコ、フィリップモリス、アルトリアなどの欧米企業は株主へのリターンを熱心に行うので、減配は最後の手段なのかなと思います。日本企業の場合はすぐに減配しますが・・。

先々の株価がどうなるか分かりませんが、給料の残りおよびボーナスにより手元に現金があれば、証券口座に移して一度に50~100万分をコツコツ購入できればと思います。しばらくたばこ株が上がらないほうが、同じ金額でたくさん株を買えるので個人的にはありがたいですが・・・。

いかんせん不労所得が月10万を超えてコツコツ積みあがっていくというのは気分がいいものです。







  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-売買記録

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.