2018年4Q運用実績

さて2018年も終わりになりましたので、個人的な記録も兼ねて運用実績を掲載したいと思います。 2018年第4四半期の運用記録 今年10月くらいに1億円行ったのですが、年末には7724万円と最高値から23%も下がってしまいました。というわけで億り人陥落してしまいました(笑) 11月後半から私のポートフォリオはすごい下がりました。主な下げは、たばこ株と、豪州のリチウム鉱山株、豪州の鉱山サービス株でしたね。 まずは米国株の状況です。 たばこ株、石油株で固まった米国株のポートフォリオですが、全部仲良く下がってます ...

ReadMore

アルトリア、JUULに128億ドルの投資を実行

アルトリアが、電子たばこで快進撃を続けるJUULの株式128億ドルを投資するという発表がありました。先日の大麻企業のクロノスグループへの投資といい、かなり本気で「紙たばこ以外の商品」への事業拡大を図っています。いつものように、アルトリアの発表を若干の意訳ですが、和訳をしました。ただし、、今回のプレスはメチャクチャ長いので、全部訳すのは時間が掛かりすぎます。概要を記載します。 JUULについては以前に記事を書きましたのでご参考にリンクを貼っておきます。 高成長の電子たばこ企業JUUL アルトリアによるJUU ...

ReadMore

急成長の大麻ビジネスの概要と関連銘柄

アルトリアグループがクロノスグループの45%の株式を購入し、本格的に大麻ビジネスに参入しました。大手たばこ企業がデューデリジェンスを経て、満を持して大麻ビジネスに参入したということは、今後大麻ビジネスは成長する可能性は非常に高いということなのでしょう。私はアルトリアを持っているので、晴れて(?)私も大麻産業に投資していることになります。 実際、ゴールドラッシュならぬ大麻草の色の緑を模して、グリーンラッシュという言葉もあるようです。 たばこ、砂糖、お酒など、依存性のある製品を扱う企業の株式は、これまで歴史的 ...

ReadMore

ジョンソン&ジョンソン対ロイター(ベビーパウダーにアスベストが混入?)

ロイター通信によると、ジョンソン&ジョンソンが、同社のベビーパウダーにアスベストが含まれていることを知っておきながら、数十年にわたり隠ぺいしていたとのことです。 この報道により、同社の株価は10%もの大暴落となりました。相場が弱くなるとの見通しが強くなるなか、個人的にもディフェンシブ株に少しずつシフトしようかな~と思っていたところです。投資対象候補のひとつがジョンソン&ジョンソンだったのですが・・・。 ジョンドン&ジョンソンのホームページにロイターの報道への反論する内容のプレスリリ ...

ReadMore

日本という国に期待せず、投資で生活防衛すべき

最近、消費増税対策のニュースを見るとげんなりします。 政府の場当たり的な対応を見ると、「日本政府はもう信頼できないなあ・・・。」と改めて思いました。 日本に限らず、どの国の政府も場当たり的な対応をするものですし、全幅の信頼はできません。しかし、日本の場合は「少子高齢化」という国難に直面しているので、政府には効率的・効果的な税の徴収・分配を行ってほしいところです。 ところが、最近の消費増税・軽減税率などのニュースを見る限り、どうも日本政府には「長期的な見通しに基づき、事前に対策を打って、今現在必要な措置を取 ...

ReadMore

ブリティッシュアメリカンタバコが2018年決算の見通しを発表

本日ブリティッシュアメリカンタバコのホームページに、2018年12月期の決算見通しについてプレスリリースがアップされていました。 結論からいうと「特に驚きはない」です。為替を除くと、当初想定通りの利益水準、利益成長率になるとのことです。 とはいうものの、読者ニーズはあるのかな~と思い、若干意訳ですが、日本語にしました。 ブリティッシュアメリカンタバコのプレス内容(2018年12月期の見通し) たばこ事業は順調で、2018年12月期はガイダンス通りに着地する予定 たばこ業界全体では、出荷数量は3.5%の減少 ...

ReadMore

前代未聞、ウエストパック銀行の株主総会で経営陣の報酬案が否決される

ちょっとセンセーショナルな題名となりました(笑) 日本からも投資できる高配当豪州株のウエストパック銀行の株主総会が本日開催されました。同社の株式は、米国株(ニューヨーク証券取引所のADR)として保有している方が多いと思いましたので、こちらのブログで記事にしてみました。 日本もそうですが、オーストラリアでも株主総会というのは余程のことが無い限り、議案が「否決」なんてことはありません。しかし、今回はウエストパック銀行の取締役の報酬案(これは株主総会の決議事項)が、本日の株主総会で否決されてしまいました。 そも ...

ReadMore

若くして『働いても辞めてもどっちでもいいや』を手に入れる

今回はまとまっていない雑記です。 いやー、最近はどの株も下がって気分が滅入りますね。私なんてブリティッシュアメリカンタバコ株が買値から40%くらい値下がりして笑うしかない状況です。石油価格が上がると見越してアメリカのシェール企業の株を買ったのですが、思惑に外れて石油価格は暴落、私の持ち株も全然ダメです(涙)。もう今年は何もするな、という相場の神様からのお告げですね。 とはいうものの、私は配当金とブログの収入で年間手取りで300万円はキープできそうです。それにサラリーマンとしての給料収入が、生活費を上回って ...

ReadMore

(日本語訳)アルトリアがカナダ大麻事業大手クロノスグループの株式45%を取得

アメリカのタバコ大手のアルトリアが、カナダの医療用大麻大手のクロノスグループの株式45%取得するとの発表がありましたので日本語訳しました。 アルトリアはもともとフィリップモリスから分社化した、アメリカ国内のみでたばこ事業をしている会社です。海外市場は引き続きフィリップモリスが事業を行っています。 アメリカでは喫煙率の低下などでたばこの販売数は減っています。アルトリアはこれまで販売数減を値上げにより売上高の維持を図ってきました。 しかし、ここにきて大麻企業への投資を行うことで、成長する大麻市場に乗りだしてい ...

ReadMore

(たばこ株)ユニバーサル・コーポレーション銘柄分析〔2018年3月期〕

意外と誰も投資していない米国たばこ株であるユニバーサル・コーポレーションの銘柄分析です。実は48年間の増配を誇る高配当株でもあります。 SBI証券などから購入できます。グーグルで検索してみましたけど、誰もこの会社を分析していないので、ここで私が分析してみます! 会社概要 19世紀にさかのぼる歴史のある企業で、会社自体の創業は1918年。ティッカーシンボルはUVV。たばこの葉をたばこメーカーに卸売りしている企業。アルトリア・フィリップモリス・ブリティッシュアメリカンタバコ・JT・インペリアルブランズ・中国煙 ...

ReadMore

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2019 All Rights Reserved.