生き方

従業員+株式投資がもっとも効率的な生き方かも

投稿日:

先日、学生時代の友人と久しぶりに話をしました。この人はサラリーマンを辞めて家業を継いで社長として頑張っています。

私のようなサラリーマンと違って、ビジネスオーナーであれば、何でも自分で決めてビジネスを進めることができます。カッコいいな~と思います。しかし、話を聞いているうちに、「従業員」+「株式投資」が効率的な生き方かもしれない、と思いました。

稼ぎ方の種類

金持ち父さん貧乏父さんでお馴染みな人は多いと思うのですが、改めて整理すると、お金の稼ぎ方は4つあります。

①従業員として働き、お金を得る

②自営業者となってお金を稼ぐ

③ビジネスオーナーとして、自分が保有する会社の利益からお金を得る

④投資家として投資対象の資産からお金を得る

金持ち父さん貧乏父さんによると、従業員と自営業者は自分の時間を切り売りしてお金を得るという稼ぎ方なので、なかなか効率が悪いとのことです。収入には限りがあります。

一方、自分が作り上げたビジネスの仕組みからお金を得るビジネスオーナー、そしてお金に働いてもらう投資家であれば、掛けた時間や労力とは無関係に稼ぐことができるので、効率的に稼げます。うまくいけば収入は青天井です。

というわけで、この本では「早く従業員・自営業者を卒業して、ビジネスオーナーか投資家になろう!そして経済的自由をエンジョイしよう!」というのが最終的な結論です。

アイデアとしては中々いいと思うのですが、私のような普通のサラリーマンからすると「ビジネスオーナー」になるのはちょっとハードルが高いなあと思います。そして、実際にビジネスオーナー兼社長をやっている友人の話を聞くと、効率的な生き方というのは「従業員として安定したサラリーを得て、優良企業の株に投資する」ではないか・・・と考えました。

一番大変なのは人のマネジメント

ビジネスオーナー兼社長をやってる友人がいうには、人間のマネジメントというのは相当大変なようです。

サラリーマンでも管理職をやっている方は、出来の悪い部下、反抗する部下、突き上げてくる部下、部下同士の不和・・・などに心を痛める人も多いでしょう。ただ、サラリーマン管理職は、部下との人間関係がグチャグチャになっても、自分の給料は変わりません。(出世は出来ないかもしれませんが・・)

一方で、自分で作った会社において、従業員との人間関係・従業員同士の人間関係が悪くなると、業績=自分の収入に跳ね返ってくるかもしれません。また従業員がケガをしてどうにも働けなくなった時、冷酷に切れるか・・・。

私の友人はこのような人間関係に関する悩みが尽きないようです。

サラリーマンと違って、自分で事業をコントロールできる立場にあるビジネスオーナー兼社長でもあっても、たとえ業績は好調でも、人間のマネジメントに時間が割かれ悩み多いということです。さらに業績が悪くなると、ストレスはさらに高まります。この友人の会社の業績は好調のようですが、将来ずっと安泰かどうか分からないので、不安も多い・・・ということでした。

「もし事業を一から作る場合は、人を雇わないビジネスモデルを考えたい」と言っていたのは印象的でした。経営の資源である人・モノ・金のうち、人は一度雇うと切るのも大変だし、マネジメントも難しいことをずっと言っていました。

サラリーマンから見ると青い芝ですが、ビジネスオーナーも悩みは尽きないようですね。

効率的かつ精神的に楽なのは「従業員」+「株式投資家」

私のようなサラリーマンは、収入は青天井ではありません。よって、大金持ちにはなれません。そのかわり、たとえ実績を上げなくても給料はもらえますし、会社が傾いたら別の会社に転職すればOKです。人の指図を受けはしますが、経済的にはノーリスクです。会社を潰したら従業員が露頭に迷ってしまう、といったプレッシャーのあるビジネスオーナー兼社長と比べたら精神的には楽です。

一方、株式投資はうまくいけば収入は青天井です。先人が築いた偉大なビジネスモデルから得られる経済的便益を、配当金なり譲渡益で得ることができます。当然値下がりリスクはあるのですが、現物で投資する限りは借金の心配はありません。

サラリーマンとしてノーリスクで生活費を稼ぎつつ、アップサイドは株式投資で実現する・・・つまり「従業員」+「株式投資家」という生き方が精神的に楽な、効率的な生き方なのかな、と思いました。経済的リスクはゼロで、リターンは青天井という理想的なリスクプロファイルの人生を歩むことが出来ます。

よく考えたら、今の私も「サラリーマン」+「株式投資家」です。冷静に考えたら効率的な生き方をしているのかなあ~と思います。上司や同僚にガタガタ文句を言われるという欠点はあるものの、ビジネスオーナー兼社長で苦労している友人の話を聞くと、サラリーマン投資家というのも悪くない、と思いました。もちろん、現状肯定をするばかりだと進歩はないのでより良い生き方を模索したいですが、今でも十分恵まれているなあと思った次第です。



  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-生き方

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.