たばこ株分析

JTの優待制度変更と、両親がJT株300万円分相当買ってた話

投稿日:

JTが優待制度を変更しました。

JTの新優待制度

現状の優待では、保有する株数によるのですが、100株を保有している場合は1000円相当の商品を年2回優待もらえました。

新制度では、優待のタイミングは年に1回、12月31日が基準日となります。さらに条件としてJT株を1年以上継続保有する必要があります。そのうえで、100株を保有している場合は2500円相当の商品をもらえます。

つまり年間2回から1回に減り、1年以上JT株を保有しないとダメになりしたが、優待の価値が2.5倍に上がった!ということです。詳細は下記の通りです。

私は長期投資家ですし、基本的には今回の優待変更を歓迎したいなと思います。

本当は優待相当分を現金で還元してほしいのですが・・・。現物をもらってもねえ。かつ、2100株以上持ってても、優待が増えるわけでもありません。2100株だと2018年11月26日の株価では591万9900円ですね。個人投資家でここまでJT株を買うひともそう居ないと思うので、文句を言う人も少ないかもしれませんが。(そういう私はブリティッシュアメリカンタバコ株に1800万円投資して爆死状態・・・)

リタイアした両親がいつの間にかJT株を買ってた

前の記事に詳しく書いているのですが、私の母親は銀行に勧められるまま、手数料がめちゃくちゃ高い投資信託を買ってました。即解約させ、あとネット証券に口座を開くように言いました。

母親から「何を買えばいいか。年内に100万円くらい買おうかな」といわれたので、「とりあえずJT株でも買っておけば?」と言っておきました。母親はその通りJT株を400株購入しました。ということで、新規優待制度ではBコースなので、母親には4500円相当の商品がもらえます。

本日たまたま父と話す機会があったのですが、、なんと母からJT株を買ったと聞いて、「俺はファミリーマートを売った160万円とちょっと現金を追加して全部JT株を800株買ったぞ」と言われました・・・。父は人の言うことを聞く人ではなかったのですが。。とりあえず、両親合計でJTを1200株保有しています。別々の口座で買ったので、母は400株、父は800株なのでふたりともBコース、4500円相当×2=9000円相当の商品を優待でもらえそうです。(というかファミリーマート株最近かなり上がってますね。何で父はうまいタイミングで買ったのだろうか・・・)

両親のおかげ?で気づいたのですが、同じ金額を夫婦で投資するなら、2人に分けて別口座でJT株に投資したほうがいいなあ、というのを気づきました。

我が家のたばこ株比率が高くなりつつある・・・

私はこの前しれっと600万円相当のフィリップモリス株を売ったので、今の時価総額ではたばこ株を2200万円相当保有しています。ブリティッシュアメリカンタバコが1200万円、フィリップモリスが600万円、アルトリアが300万円、JT株は100株ということで28万円というような内訳です。一番下落している銘柄を一番持ってるという悲しい状況です(´;ω;`)ウゥゥ

実は妻もPMを120万円相当保有しており(買値は79ドル)、そして今回両親がJTを300万円買ったので、私の家としてはたばこ株だけで2600万円くらい保有してますね。

父親は大学卒業後に財閥系上場企業を定年まで勤め、今は嘱託で引き続き働いています。母親はパートで働いていました。ローンが終わったマンションに、退職金(金額は教えてくれませんでしたがおそらく数千万円)、そして年金が支給されれば夫婦で手取りで月35万円くらいもらえるということ・・・・財閥系で定年まで勤めたら最強だと思いました。

更に母親は、亡くなった祖父の家を売ったお金がこれまた2000万円くらい入ります。

「俺は1億円あるし、妻も貯金で1500万円くらいあるし、うちって結構裕福じゃん」って話になりました。

相場の雲行きが怪しい中、私自身はフルインベストメント状態で「これでいいのかな~…」と若干不安になってましたが、家族全体で考えたら手元に現金が数千万円あるし、まあいいかと思いました。さらに両親とも私の投資成績を見て、「お前に投資は完全に任せる。そのと通り投資するから逐一指示してくれ・・・」とのこと。人のいう事を聞かない父が、私の指示に従うのは、私のネット口座を見て「こいつに任せたほうが良いな」と決意したからだそうです。指示というか、私としては「こうすれば?」と"お勧め"するだけで、別に自分で好き勝手に投資したければそれでいいのですが・・・。

というわけで私が一家全体の資産運用を引き受けることになりました。

さすがにたばこ株の比率が高すぎるので、両親には「もうたばこ株投資は打ち止めでOK。来年に三菱商事とか、日本円が駄目になったと時に備えて外国株のナショナルグリッド・ユニリーバ、ウエストパック銀行とか買えば」と伝えています。

母親が所得税をあんまり払う立場にないので、母親の口座には日本株と、イギリス・オーストラリアADRかな~と思っています。父親はそこそこ所得税払うようなので(本当かどうか知りませんが)アメリカ株も買っても、二重課税で取られ過ぎない状況です。

両親はもう労働所所得がほとんどないので、非常に堅実な運用をしてもらうと思います。将来の値上がり益よりも、直近の現金が大事だと思いますので、日本株・英国株・豪州株の高配当株を、時期を分けてコツコツ買ってもらおうと思います。

あとは、出来るだけ年金収入を得るよう、両親には「絶対に健康でいてくれ」と懇願しました。ジムに通っているのと、私の甥っ子とよく遊んでいるので、いまは健康そのものですね。100歳までずっと健康でいてくれたら、年金という賭けに勝ちそうです(それまでに日本経済が崩壊している気もしますが(笑))



  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-たばこ株分析

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.