日本経済について

日本でカード決済やIT化がなかなか進まない理由

投稿日:

今回はこれまた独断と偏見に満ち満ちた記事です。他国と比べて、日本ではカード決済やIT化が進まないと言われていますが、その理由を考察してみました。

キーワードは「破壊的イノベーション」です。これを日本の現状に当てはめて考えてみました。

破壊的イノベーションとは?

「破壊的イノベーション」とは、ハーバード大学のクレイトン・クリステンセン教授が作りだした概念です。株式投資をするにあたり、この概念は非常に役に立つと思います。この人の著書である「イノベーションのジレンマ」「イノベーションの解」は投資家にとって必読書なのかな、と思います。

さて、破壊的イノベーションとは「既存市場のトップ企業が、全く別のコンセプト・技術を用いた単純な代替製品により市場を駆逐されてしまう」という現象を言います。

分かりやすいかどうか自信がありませんが、下記にデジカメと携帯・スマホのカメラの例で説明します。

上記の図でいうと、デジカメを作る会社は、試行錯誤によりどんどん性能のよいカメラを作ります。いつのまにか顧客の要求水準を大幅に上回る性能を誇るカメラを製造・販売するようになります。

一方、携帯電話についたカメラは、当初は性能が非常に低いものでした。顧客の要求水準を満たすカメラではないため、多くの人はデジカメも買い求めました。しかし、時を経るにつれて携帯カメラの性能も上がってき、さらにスマホになってからはスマホ内蔵カメラの性能は顧客の要求水準を満たすほどのものとなりました。

一般的なカメラユーザーとしては、わざわざ高いデジカメを買わずとも、持っているスマホのカメラの性能が十分高いので、これを使えばいいや、ということになります。こうして、デジカメは、まったく別のコンセプトであるカメラ付き携帯という代替品に市場を奪われてしまうことになりました。これが「破壊的イノベーション」です。

もちろん、最高級品のカメラを使う人というのは居るので、カメラが市場から無くなった、ということではありません。しかし、一般のカメラユーザーの多くはスマホのカメラで満足し、わざわざ別でデジカメを買うことはなくなりました。

デジカメなど、既存製品のトップ企業は、既存製品の性能を向上させ、より利幅の高い高級品を売ることが合理的です。スマホ搭載カメラなど、利益率の低い性能の低い代替品を作ることは非合理的となります。代替製品の性能が一般顧客の要求水準を超えるまでに、うまくスマホカメラにシフトできればいいのですが、多くの既存トップ企業はシフトできません。低品質・低利益率の製品に社内のリソースを割くことができないからです。

破壊的イノベーションの怖いところは、上記のように既存企業が合理的な行動をするばかりに、気が付いたら代替品に市場を奪われ取返しが付かなくなってしまう、というところです。既存企業は決して愚かというわけではありません。構造的に、低コスト・低品質・低利益率の製品にリソースを避けないという弱みを、まったく別のコンセプトを掲げる競合企業に攻められて、市場を奪われてしまうということです。

デジカメのほかにスマホに市場を奪われた事例としては、カーナビとグーグルマップもあるかと思います。その他に破壊的イノベーションの例はたくさんありますが、グーグルで検索すればいくらでも出てきますので、興味がある方が検索頂けたらと思います。

この本を読んだ時は非常に感動しました。何度も読み返しています。クレイトン・クリステンセン教授の本は全部買って読んでいますね。世界で最も影響力のある経営学者の一人だと思います。株式投資家としては、破壊的イノベーションで、既存のトップ企業から市場を奪う側の企業に投資をすれば、大きな見返りを得ることができます。他人が気づく前にいかに自分でこのような企業を見出すかが肝ですね。簡単ではありません。

日本は破壊的イノベーションの波に乗れない?

諸外国でカード決済やIT化がどんどん進む中、日本では現金決済や窓口対応がずーっと継続しています。中国ではホームレスもキャッシュレスで寄付を貰う時代なのに、日本の定食屋の多くはキャッシュレス決済ができません。。

これはカード会社による手数料もあると思いますが、それにしても日本の現金決済の率は群を抜いて高いと思います。私がオーストラリアに住んでいた時は、ほぼデビットカードで決済しており、現金は使ってませんでした。

なんで日本ではカード決済・IT化が進まないのかというと、「既存システムである現金決済や窓口対応の質が非常に高く、わざわざ別のシステムを用いる必要がないから」ではないかと思います。既存の高い性能に慣れた日本の顧客は要求水準も高くなっています。窓口対応などは非常に丁寧でかゆいところにも手が届くので、わざわざ画一的なITシステムを使おうとは思いません。

一方で、外国の場合は偽札もありますし、窓口対応も(情報が間違っている・態度など)酷いものです。外国では相対的に既存システムの性能が低いので、全く別のコンセプトであるカード決済、ITシステムのほうが「まだマシ」という人が多いと思います。

これを図示すると下記のようになります。

上記のように、外国の現金決済・窓口対応という既存システム(緑線)は日本の既存システム(青線)よりも性能が低い状況です。日本の顧客は要求水準が高いですが、外国の顧客の要求水準は(既存システムの性能の低さに合わせて)低くなっています。

代替製品であるカード払いやITシステムの性能は時間がたつにつれてどんどん上昇していきますが、外国ではとっくの昔に顧客の要求水準を超えました。このことで、既存の現金決済や窓口対応から、一気にキャッシュレス化・IT化が進みました。こちらのほうが、低コストで物事を進められるからです。つまり、破壊的イノベーションにより、現金決済や窓口対応が、代替品に置き換わってしまったのです。

一方、日本では、既存システムの性能の高さ(偽札が少ない・窓口対応が丁寧)もあり、顧客の要求水準は相当高いです。手数料の取られるカード決済や、画一的なITシステムを用いた手続きに、なかなか移行できません。今の日本ではまだまだ、IT化という破壊的イノベーションが起こり辛いのかもしれません。

 

さて、日本がなかなかIT化できない中、ITシステムの性能はさらに上がっていきます。IT化を早期に果たした外国では、社会の効率がどんどん向上していきます。日本はもたもたしているうちに、IT化を果たした外国に生産性で追い抜かれてしまいかねません。

私も日本に帰ってきて、日本はIT化の遅れていて効率が悪いなあ~と思うことは多々あります。特に役所関係のシステムが酷くて困ります。逆にオーストラリアでは窓口対応がメチャクチャなのですが、ITシステムそこそこ使いやすいです。日本とオーストラリア、どちらが良いとか悪いとかは個人の価値観次第ですが、社会の効率性という観点では、IT化が進んだほうが良いのは間違いないと思います。

ということで、結論としては、「日本では既存のシステムが素晴らしすぎて、破壊的イノベーションがなじみにくく、カード決済やIT化がなかなか進展しない」と言えるのではないかと思います。

そして、カード決済やIT化が進んだ外国に、いつの間にか生産性で諸外国に負けてしまい、取返しが付かなくなるのではないか・・・という懸念を持っています。



  • この記事を書いた人
スモーク

スモーク

新卒日本企業→豪州駐在→豪州企業転職→日本に帰り日本企業転職→外資系企業転職で今に至る。オーストラリアには7年在住。豪州株がポートフォリオの主力で総資産は1億円弱、年間受取配当金は税後で300万円。すでに経済的自由は達成も、まだまだ資産と配当金を伸ばしていきたいと考えている。

-日本経済について

Copyright© 株式投資で経済的自由 , 2018 All Rights Reserved.